2020年9月6日日曜日

日本哺乳類学会奨励賞を受賞しました。 

 

 
身に余る賞をいただき光栄に思います。これまでお世話になった方々には感謝してもしきれません。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
さいとう 

2020年8月16日日曜日

最近のフィールドなど

暑い日が続きますが、研究室ではいろいろ調査をおこなっています。以下はその一部です。
 
コウモリのねぐらトラップを追加で設置。
 
高所作業車でリスの巣材をチェック。最近は、プロット調査も始めています。

新しく野外実験をする院生の調査準備。動物遺体の消失実験をおこないます。
 
ヌタ場としてのポテンシャルがありそうな場所を探す院生。
 
コウモリのねぐらトラップがうまくいかなそうなので、市街地での調査も始めた学生。アブラコウモリはいっぱい飛んでいます。
 
学生だけでなく、教員の調査も。何をやっているかは、結果が出たら…
 
夏休みの自由研究として、演習林の管理棟の屋根裏から採集されたハクビシンの糞塊を洗ってみました。種子を取り出して利用果実リストを作ろうと思いましたが、特定の種子ばかりが出てきました…

 
その他、合間をみて夏の遊びも。
 
カニ採り。

キス釣り。

キジハタも釣りました。
 
 
まだまだ暑い日が続きますが、頑張りましょう。
 
 
さいとう

2020年7月4日土曜日

奥尻島訪問

6月下旬は某お仕事のためにおよそ10日間に渡って奥尻島を訪問していました。
北海道の島では学生時代に利尻島に行ったことはありますが、奥尻島は初めてでした。

タヌキが多いとは聞いていましたが、山間部の道路にはかなりの頻度でタメフン場がありました。
庄内でもこれだけ見つかると、調査が楽なんですがね、、、

奥尻島に来られる機会はなかなかないので、良い経験になりました。


奥尻島の海。前半は天気が良かったので海もきれいでした。

球島山からの風景。

ブナ林とタヌキのタメフン。

道路沿いにもタメフンがたくさんありました。

こんなところにもタメフン。

途中で学生も遊び(?)にきました。

奥尻島の山道を走っていると、日中でもかなりの頻度でタヌキが見られます。写真はうまく撮れませんでしたが(よく見ると写真の中にいる)、何回もタヌキを見かけました。

ウニ丼とイカ刺しは食べておかないと、ということで。イカ刺しについては、宿でもほぼ毎日出てきましたが、非常においしかったですね。


10日間も留守にしてしまったので、鶴岡に戻ってきてバタバタしておりますが、徐々に通常営業に戻ってきました(残務処理はまだまだありますが…)。

夏に入って、集中講義やら学生の調査やら自分の調査やらいろいろありますが、頑張っていきましょう。


さいとう

2020年5月13日水曜日

オンラインゼミ開始

遅ればせながら、Zoomを使用したオンラインゼミを開始しました。

初回の今日は、ミーティングと私からの研究報告でした。
Zoomでゼミをおこなうのは初めてでしたが、あまり問題はなさそうですね。
とりあえずみなさん元気そうでよかったです。

前期は基本的に毎週水曜日13時からゼミをおこないます。
ゼミは研究室外の方でも参加歓迎なので、興味があれば斎藤(saito.ume@gmail.com)までお問い合わせください。 詳細をお知らせします。
(オンラインゼミのときであれば、遠方からでも参加できますね)


さいとう


2020年4月8日水曜日

演習林に穴を

昨日は新年度の調査のために演習林に行ってきました。

用意したのはこちら。


 大きい塩ビ管です。これをどうするかというと・・・

まず、掘ります。

そして、埋めます。

これで完成です。穴ができました。あとは穴が見えるようにセンサーカメラを設置して終了です。手伝っていただいた技官さんに感謝です。

こういう穴に動物が興味を示すのか少し調べてみようと思っています。

調査地にはカタクリが咲いていました。今年は早いんですかね。

ということで、カタクリとコゴミを少々回収して、おやつ代わりにしました。



さて、山形大学農学部も新型コロナウイルス対策で今日から学生は原則登校禁止になってしまいました。状況を鑑みると、致し方ないですね。研究室界隈はしばらく寂しい感じになりそうです。


さいとう

2020年3月31日火曜日

年度末

2019年度も今日で終わりですね。3月の様子もダイジェストになってしまいますが、、、

生態学会は楽しみにしていましたが、新型コロナの影響であえなく中止に。仕方ないので研究室で受賞講演の上映会をしました。 リラックスして見られるので、これはこれでいいですね。

中旬には調査の手伝い?で南会津に行きました。多雪地域とのことですが、全然雪が無いですね。

今回は予備調査らしいので、林内をうろうろしました。

思い付きで急遽はじめた糞のサンプリング。結果が楽しみです。

17日は卒業式でしたが、全体の会は中止に。学位記は研究室で渡しました。

後輩から花束?のプレゼント。

これ、よく見るとお菓子でできています。頑張って用意していました。

雪が少ないことから、普段は雪崩の危険があって冬には入れない演習林の林道にも入ることができました。天気は、晴れと曇りと吹雪のMIXでした。

写真では伝わりにくいですが、そこそこ高所感があります。

雪が崩れているところもありました。埋もれたくはないですね。

ということで、明日からは新年度が始まります。新型コロナの影響で初っ端からいろいろ大変そうですが、来年度も頑張っていきましょう。


さいとう

2020年2月29日土曜日

2月も終わり

2月もバタバタしながら、気が付いたら月末。ということで、今月のおさらい。

 


調査ではひたすら近場の雪山を歩いていました。冬に行ったことがない場所がまだ多かったので、今後のための情報収集と3年生の卒論のためのデータ取得が主な目的です。雪が少ないながらもそこそこデータが取れた調査もあるので、一部は来年度の哺乳類学会で発表できるかもしれません。 

調査中には庄内でも個体数が増えているイノシシの掘り起こしも時折見られました。調査中にイノシシには出会いたくないですね。

2/20には卒論発表会がありました。うちの研究室の学生も頑張って発表しておりました。みなさん良い卒論を書きましたので、あとはこちらの番ですね(論文化…)。

発表後の打ち上げでは、他研究室の人たちも途中で混ざりながら楽しくお酒を飲みました。

卒論発表会の後にはお客さんが来たということで、同僚や学生と雪山を案内しました。短時間でしたが、いろいろ観察をおこないつつ、雪遊びもして楽しいフィールド散策でした。

とりあえず斜面を登る人たち。

斜面から滑ってきた人を狙い撃ちする人たち。

2/25には追いコンをおこないました。2/20に卒論発表をしたばかりですが、4年生全員の都合の合う日がここしかないということで。

メニューは餃子です。みんなで包んで、ひたすら焼いて、ひたすら食べました。

4年生はプレゼントをもらい、記念撮影をしてめでたく追い出し終了(?)。4年生の3人のうち、2人は就職し、1人はそのまま進学します。3人ともそれぞれの場所で活躍してもらえると思います。4年間お疲れ様でした。


さいとう