2021年11月14日日曜日

修了生の論文受理と近況報告

昨年度修了した学生の論文が受理されました!

  • Toriyabe, A., Enari, H., Enari, H. S. and Saito, M. U. (in press) Habitat selection by non-native masked palm civets in a Japanese rural landscape, incorporating individual differences. Journal of Mammalogy.

庄内地方の農村景観でテレメ調査からハクビシンの環境選択とその個体差を明らかにしました。同所的に生息していても個体によって利用する環境が一部異なるようで、ハクビシンの環境利用の幅広さが示されました。ハクビシンの生息地選択についてしっかり調べた研究は少ないと思いますので、けっこう良い成果なんじゃないかなと思っています。

 

上記の報告ついでに、最近の様子もあげておきたいと思います。


後期に入ったので、研究室の遠足として男鹿水族館GAOに行きました。

小さめな水族館ですが、良いところですね。
 
 
猟師さんから熊肉をもらったということで、みんなで食べることに。
 
 アクがすごい。
 
熊肉は、熊汁と熊シチューになりました。おいしかったですが、煮込みが足りなかった気がするので、次の機会があればしっかり煮込みたいと思います。
 
 
10月下旬の演習林です。秋が深まってくるとこんな感じになります。
 
 この日はリスの調査で森林構造を調べました。
 
調査で頻繁に演習林に来ている学生曰く「紅葉、飽きました。」


11月に入って、毎年恒例になっている隣の研究室との3年生合同フィールド巡検をおこないました。地図の読み方やフィールドの歩き方を学びます。
 
薮を歩いたり、斜面を登ったり下りたり、小さなピークを目指したりします。
 
木々の隙間から水田を見下ろせるところもありました。
 
目的地にした名もなきピークにて。みなさん、なんだかんだ楽しそうに取り組んでいました。フィールドの後は温泉に立ち寄って、疲れを癒したり。フィールド行くのも、温泉行くのも簡単なのは、鶴岡の良いところですね。


適当にピックアップして紹介しましたが、年末も近づいてきているということで、佳境に差し掛かった調査やら室内作業やら解析やらでみなさん忙しそうにしています。

とくに卒業年度の人たちは大変になっていきますが、頑張っていきましょう。

 

さいとう

 

2021年9月18日土曜日

院生の論文受理

某所に出かけているあいだに、学生の論文が受理されました!

  • Watanabe, K., Kumagai, N. and Saito, M. U. (in press) Latrine site selection of raccoon dogs in a hilly area in northeastern Japan. Zoology and Ecology.

昨年度の卒論のひとつで、タヌキのタメフン場がどのような場所に形成されるか分析したものです。解析結果からは、尾根寄りの地形や広葉樹林にタメフン場を形成する傾向が示されました。タヌキのタメフン場の分布パターンの解析例は実はあまりないので、貴重な成果だと思います。

今回は局所環境の評価などをおこなっていないので、そのあたりは今後の課題になるかと思います。

さいとう


2021年9月12日日曜日

ひさしぶりの更新

すっかりブログをさぼっていました。気づいたらもう秋がはじまっていますね…。

研究室の学生たちは、調査、解析、ゼミ、学会参加と元気に研究活動に励んでいます。前回の更新以降に以下の2つの論文(いずれも卒論)が受理されたり、研究室発の論文もちょっとずつ出せています。

  • Yoshida, K. and Saito, M. U. (2021) Behavioral response of wild mammals to pre-existing and artificial latrines of raccoon dogs in northeastern Japan. Mammalia. in press
  • 本田鈴香・斎藤昌幸(印刷中)冷温帯におけるニホンリスの営巣場所選択:複数の空間スケールによる評価.景観生態学

他にも投稿中や修正中の論文が5-6本あるので、何とか受理されるように頑張っていきたいと思います。

 

下の写真は、最近3年生と予備調査で行った月山です。8合目は晴れてましたが、山頂付近は…。





さいとう


2021年3月7日日曜日

湯殿山フィールド散策

以前から興味があった湯殿山方面を散策してきました。天気も良く、とても気持ちの良いところでした。こういう場所に気軽に来られるのは、本学の良いところですね。

 


さいとう


2021年2月13日土曜日

好天の野外調査

2月も中旬に入り、3年生の調査も本格化してきました。設置したカメラのチェックや糞サンプルの採取のために、定期的にフィールドに通っています。

 

今日は天気もよく、意気揚々と調査へ向かいます。

 
カメラをチェックしたり、雪の状態を測ってみたり、糞が落ちていたら拾ったりしました。

 
今日は雪上の移動も比較的楽だったので、学生もご機嫌です。

 
帰りも楽しそうですね。

 
最後はスキーが引っ掛かって、こうなんでしたが。

 

まだまだ調査は続きますが、頑張っていきましょう。

 

さいとう 



2021年1月11日月曜日

雪中のカメラトラップ調査

あけましておめでとうございます。庄内の年末年始はなかなかの荒れ模様でした。

数日前ですが、演習林に置いてあるカメラが雪に埋もれてしまうのでは、ということで調査にいってきました。

 

 
管理棟までの往復は雪上車に乗せていただきました。
 
 
途中に倒木がありましたが、技官さんたちが手早く除去してくれました。

 
管理棟からは山スキーで歩きます。
 
 
前回1.5m以上に上げたおいたというカメラの位置は、だいぶ下がっていました。連休まで放っておいたら埋まってしまったかもしれませんね。
 
 
なお、ツボ足だとこんな感じで埋まります。

 
帰りがけに見た、縦に割けたスギ。怖い。

 

とりあえず、無事にカメラを調整することができました。その後にまた大雪があったので、近いうちにまた調整しないといけませんね。

学生が設置している積雪期のカメラトラップもなんだかんだで3年目です。豪雪地帯のカメラデータはなかなか貴重なんじゃないかと思っています。


さいとう


2020年12月28日月曜日

積雪環境での調査始まる

調査関係の紹介を怠っていましたが、野外調査は季節に関係なくおこなわれています。

庄内にも冬が来たということで、積雪環境下での調査も始まっています。

 

 
今期初(?)のちゃんとした積雪があった後の調査。まだツボ足でいけました。


 
さらに雪が降った後の調査。スノーシューを解禁しました。

 

 
積雪環境での調査を楽にするために今期から導入した山スキー。私は山スキーは未経験で、本日初めて使ってみました。


 
使用経験のある学生に教わって初めての山スキー。滑り方はトレーニングが必要そうですが、これは確かに楽ですね。これで調査効率があがることを期待します。


さいとう